ダイヤモンドの4C(フォーシー)知っていますか?

ダイヤモンドの価値は、4C(フォーシー)で決まります。
4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する4つの基準です。

カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。4Cは、専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。

◆1つ目のC「カラット」
カラットとは、「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位です。1カラットは、0.2gで、重い程希少価値が高くなります。
原石の大部分は1カラット未満の小さな物が多いので、大粒の原石はとても稀少です。
カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。

◆2つ目のC「クラリティ」
クラリティは、「透明度」を表す基準です。キズ・欠け、内包物(インクルージョン)の大きさ・場所・性質などを鑑定して評価が決まります。
包有物が多いと透明度が下がり、その分輝きを損なってしまうので、透明度が高いほど評価も高くなります。

◆3つ目のC「カラー」
ダイヤモンドは無色透明ではなく、実際には微かに色が付いている場合が多く、無色透明な物ほど高く評価されます。
逆に色(黄色など)が付いている程希少性が下がります。
しかし、ある一程の色味を超えると、「ファンシーカラー」として評価され他の基準で分けられます。
「ファンシーカラー」としては、黄、赤、ピンク、青、緑があります。

◆4つ目のC「クラリティ」
ダイヤモンドは、ただ格好良くカットすれば良いと言う訳ではありません。カットの角度などで輝きは変化します。
先の3つの要素が、ダイヤモンドの元々の価値であるとに対し、カットは人の手で加えられる要素となります。
職人の技によって、そのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、輝けるかどうかが決まります。

Pt0.5ct ダイヤモンドヴェネチアンペンダント(鑑定書付き)

Pt0.5ct ダイヤモンドヴェ
ネチアンペンダント(鑑定書付…

¥61,509(税込)

こちらの商品は【ギフトラッピング】対応商品です。 ラッピングされた状態でのお届けなのでプレゼントにピッタリです。※ラッピング画像はイメージです。商品によりラッピングの形状、柄が異なりますので予めご了承ください。ちょっと本気を出してダイヤを買おうとしたら、0.3…

拡大画像を見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク